磐越西線

帰還

会津路号を広田で撮った後は安子ヶ島~喜久田のS字へ。

とにかく広田は寒かった。人も多かったので磐梯・猪苗代付近はすっ飛ばしてしまいたかったのだ。

今年は熱海に下りてくる時間が早い。 しかしこの天候でダイヤが乱れており、20分くらい遅れているらしい。

夕日が少し残ることを期待していたのだがみるみる暗くなってくる。
RVPFを巻き戻してRHPをつめる。 が、更に露出が下がってきたので+1増感することにした。 それでもシャッタースピードはかなり遅めだ。

ダークブルーに染まる中、列車はやってきた。

目に止まったのは雪にまみれたデゴイチだった。 自分がすっ飛ばしてきた磐梯・猪苗代方面でどんな苦行に耐えてきたのだろうか。

冬の会津路を誇らしげに走り抜けたその姿に体が震える…

600_s

正面狙いはちょっと失敗(^^;

架線柱が邪魔なのはもちろん、真っ白なデフやらが見えず、雰囲気が足りませんでした。(文中の「まみれた」がウソっぽい写真ですねぇ)

ヨミが足りませんでした(反省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違う空

湖畔駅近くの次は迷わず猪苗代~翁島へ。

なんとか天気が持っているようなので、「4年前に撮った構図をもう一度!」

当時ネガの400を使用していたので、リバーサルで撮り直したい。そう思っていたわけである。

とにかく凄い人出だった。 なんとかクルマを止め、機材を担いで外に出ると「地吹雪」!
めげずに機材をセッティング。

455系通過の時は割合イメージに近い空だったのだが、デゴイチが来る頃にはなんとも怪しい空になってしまった。 4年前の空とはイメージがかなり違うなぁ…

地吹雪の中、列車は煙を乱しながらやってきた。

550_s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

突風

煙が出ないのは覚悟の上、だった。

でも一度は来て見ようと思っていた場所なのだ。 さしたる理由はない。 ただなんとなく、である。

ここはトンネルから湖畔駅を過ぎ、撮っている踏切までほぼ直線。
自分の居る踏切近辺は木のおかげで風は弱いが、湖畔駅あたりは風が突き抜けているのがよくわかる。

上空の強い風で雲がちぎれ、めまぐるしく日差しが変わっていく。

やがて汽笛を響かせ、蒸機がやってきた。

550_s2

この直前に見慣れた色の455系が通っていったのだが、雪煙が画面左に大きく流れていき、大変かっこよかったのだ。
撮らずにボォーっと見ててしまったのが悔やまれる。 蒸機よりも迫力があったくらいだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

喜久田付近

会津路号は喜久田を過ぎると力行に入る。
季節風に煽られた煙は思いっきり横にひっぱたかれる。

太陽が出ていると煙の表情がきれいだ。

バックは結構うるさい場所であるのだがなぜか足を運んでしまう。
明日はどこから撮り始めようか…

500_s

なんで枯れススキの向こう側で撮らないのか? >自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丘の上から 会津路号

昨年の会津路号はHN付き(野口英世)だった。

これは正面狙いではなくてサイドからだなぁ、と思い、長原への登りを日新館から俯瞰してみた。

他に誰もおらずとても静かだった。 雪を踏みしめ、ポイントを作る。
思ったほど広い視界は作れない。 特に下方の処理が出来ない…

おまけに遠くで雪が降り出し、新鶴方向の山々が見えなくなってしまった。

そして列車が来る直前、タクシーが1台やってきた。 年配の方々が会津路号を撮るために上ってきたのだった。

どんなふうに撮れましたか?

D51HI

こうやってみますとバックがうるさいですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代発進 会津路号

若松行きのデゴイチ、猪苗代を発進して翁島に向かう。

長い白煙+青空+雪原というこのシーンが好きなのだが、駐車スペースが少なくてなかなかの競争倍率になってしまう。
また撮りたいシーンです。

550_s

磐梯山が晴れていればそちらを向けたいのですが、なかなか難しいですねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れ 会津路号

前出の広田発進を撮った後、予定通り布藤へ直行した。
もしかしたらサイドに夕日が差し込むかも知れない、と思ったからだ。

だか予想よりも地平線方向の雲が多く、予想のシーンには出会えなかった。

それに加え、「ここら辺も結構な登りだからスピードは出ないだろう」と言う予想も裏切られた。
さすがはデゴイチ、軽々と翁島への夕空色の坂道を駆け上がってきた。

550_s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東長原へ 会津路号

若松を発車したD51は、広田で一休み。
急激な勾配に備えて準備を整える。

発車と同時にパワー全開! 遠くからでも噴火のような煙が拝める。

汽笛といっしょにやってきたD51は、煙突から猛烈な勢いで煙を吐き出す。
石炭を必死にくべているのがわかるほど、煙が白と黒を行き来する。

ドラフト音を高らかに大地に轟かせ、つんざく汽笛を残して長原への勾配へ向かっていった。

600_s

…やはりねぇ、架線が邪魔だなぁ。 なかったらもっと煙を楽しめるのに。。。

それを処理できないところがワタシの腕のなさなんですけどね(汗)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

磐西!

 本日VDT検査なるものを受けました。
冗談抜きで近くが見えなくなってきました。 少し老眼が入ってきている様子(汗)

(寒さのせいも合わさって)腰が痛いですぅ。
なにより握力が落ちてる~

自覚症状も数年前に比較してだいぶ増えたなぁ…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それはておき…

もうすぐ2月、ということは毎年恒例、磐西の冬の蒸機がすぐ、ということ。
楽しみですね。

昨年はなぜか「スカ」に当たってしまいましたが、今年は爆煙を見たいものです。
雪があるからオメガカーブは入れますかねぇ?

今年もHMはつくのかな?

600_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)